News ニュース

サイトでの購買の最適化(もてなし)

ユーザビリティーの向上

例えば、せっかくユーザーが訪問しているのにも関わらず、購入ボタンが分かり難かったり、各ページでの操作性が一貫していない場合には、ユーザビリティーの向上によって成果に結びつく割合を向上させることが可能です。

商品説明、画像

WEBサイトにとって「画像」の見せ方は商品やサービスの情報を確実にユーザに伝えることができます。

画像を大きく見せることもそうですが、オンラインショップであれば特にその商品の様子がわかるような写真があることが大切。

イメージ的に使用シーンが想像できるということは購買意欲をあおり、購入につなげられる可能性があるということです。

特集記事などのコンテンツ

WEBサイトの情報鮮度を高め、リピータを確保するコツは「あらかじめコンテンツの更新計画を立てる」ことにあります。

今年の訪問者数に対して来年は何パーセント閲覧者が増えるか。来年の年末、アクセス数を見るのが楽しみになります!

この記事を書いた人

Satoru Kawamura2013年、株式会社ハーモニクスデザイン創業。パソコンとは「お友達」です(笑)
音楽を作ること、犬と遊ぶこと、身体を動かすことが大好きで、毎週スポーツイベントを企画しています。
様々なスポーツで交流の場を広げ、人脈作りのお手伝いをしつつ、みんなの「笑顔」を見ることが幸せです!!