News ニュース

水没したパソコンのデータ復旧方法

ハードディスクの復旧手順

今回の震災で、パソコンが水没してしまったという方がいらっしゃると思います。

パソコン内の大事なデータの復旧方法をまとめてみましたので、順を追って説明していきます。

水没したパソコンの電源は入れてはいけない

水没したパソコンは電源を入れてはいけません。

一見、十分に乾いていても、内部に水分が残っていたり、既に錆が発生して壊れている場合もあります。ハードディスクが損傷すると、データの復旧は、ほぼ不可能になってしまいます。

また、水没した電気製品を使うのは、感電の危険があります。これはパソコンに限ったことではありません。

完全に水没してもデータ復旧できる場合がある

ハードディスクは、ほぼ密閉されているため、水にはある程度の抵抗力がありますが、完璧に密閉されているわけではないので、水没時間が長いと復旧確率が下がります。

また、海水に水没した場合は、復旧率が下がります。速やかに、塩分を取り除く処理をしないと、外部の電子基板がさびて使い物にならなくなるでしょう。

ハードディスクの取り出し

特に海水に浸かった場合は、速やかにパソコン本体からハードディスクを取り出して下さい。

パソコン自体はもう使えませんので、ハードディスクさえ傷つけなければ、強引にこじ開けても構いません。

ハードディスクを完全に乾燥させる

真水に少し濡れた程度なら、十分に自然乾燥させるだけでも復旧率が高いでしょう。

ただし、海水の場合は特別な作業が必要です。

まずは電子基板をトルクスドライバー(ほとんどはT6)を使って電子基板をはずし、真水で洗う作業が必要になります。

特にハードディスク本体のヘッドとモーターにつながる端子部分に注意して洗浄して下さい。

これらの端子の接触不良が後々発生する場合がありますので、洗浄後は速やかに十分に乾燥させて欲しい。

方法は、扇風機を回して風を当て続けましょう。ドライヤー等の熱風をつかうのは避けてください。

特に、大きなチップ部品と基板の間にいつまでも水分が残りやすいので、ハードディスク側の端子も錆や汚れがあれば取り除いておきましょう。乾燥が終われば、電子基板を元に戻してください。

新しいパソコンを用意

これまで使っていたパソコン本体はもう使わないほうが良いので、別のパソコンを用意することが必要です。

USBインターフェイスの準備

内蔵されていたハードディスクをSATA-USB外付けインターフェイスを使って、新しく用意したパソコンに接続します。なお、古いタイプのハードディスクであれば、IDE-USBの変換アダプタが必要になります。

新しいパソコンにコピー

USB接続して無事に認識されたら、あとはコピーするだけです。

しかし、NTFSのユーザー制限で、アクセスができない場合が多いので、まずは、この段階で、ハードディスクとして無事認識されることを確認しましょう。

knoppixを起動してコピー

knoppixとは、DVDまたはCDでブートできるLinuxディストリビューションです。

knoppixをCDまたはDVDから起動させて、USBで繋いだハードディスクを認識。

knoppixはNTFSのユーザー制限は関係なしにアクセスできますが、読み込みのみで書き込みができません。

書き込み先は、FAT32である必要がある。別途USBメモリなどがあればFAT32でフォーマットして、データの救出先にするのも良いでしょう。

パソコン初心者や一般のユーザーでは難しい

水没したパソコンのデータの復旧方法をここまで説明してきましたが、既にある程度知識のある人は参考になったと思います。

しかしながら、一般的なユーザーが自力でデータ復旧させるのは難しいと思います。実際の作業では、パソコンやハードディスクの環境にあわせた作業が追加になることが多いでしょう。

ハードディスクのデータ復旧をやっている業者に依頼するのも良いですが、数十万といった高額な費用がかかってしまい、個人的なデータであれば、割に合わないことも多いですが、とりあえずハードディスクを捨ててしまわないことが大切です。

ハードディスクさえあれば、後でパソコンに詳しい人に頼んでやってもらうこともできるでしょう

この記事を書いた人

Satoru Kawamura2013年、株式会社ハーモニクスデザイン創業。パソコンとは「お友達」です(笑)
音楽を作ること、犬と遊ぶこと、身体を動かすことが大好きで、毎週スポーツイベントを企画しています。
様々なスポーツで交流の場を広げ、人脈作りのお手伝いをしつつ、みんなの「笑顔」を見ることが幸せです!!